マドのおうち

飯田産業の建売に住んでます。ズボラ主婦がちょっと工夫しながら理想のおうちをめざしてます。マイホーム購入時の備忘録と今のこといろいろ。

【諸費用を抑える方法】仲介手数料無料で家は買える

スポンサーリンク

こんにちは、floorplanです。
この記事では、諸費用を抑えるために仲介手数料無料で仲介してもらったわが家の例を紹介します。

みなさん仲介手数料は必ず払うものだと思っていませんか?
答えはノーです。
実際にわが家は、仲介手数料無料で諸費用を100万円抑えることができました。

「これからマイホームを」と思っていて、少しでも購入費用を抑えたいと思っている方は 不動産屋さんに行くのちょっと待ってください!

f:id:floorplan:20190330105807j:plain

仲介手数料無料のカラクリ

一言でいうと、仲介手数料無料のカラクリは、買主が無料だということです。

仲介業者は、売主と買主がスムーズに売買できるようにお手伝いをし、その対価として手数料を受けとっています。
つまり、かれらは基本的に売主と買主から手数料を得ているということですね。

その一方、つまり買主の手数料を無料にして、購入のハードルを下げているわけです。

仲介手数料を払わずに家を買う方法

  • 仲介手数料無料の不動産屋を選ぶ
  • 直接売主から買う

この2つが考えられます。
わが家は前者を選び、仲介のメリットは享受しつつ、費用を抑えることができました。

仲介業者が損をする?

私のように出来るだけ購入費用を抑えたいと思っている買主は多いと思うので、ニーズはありますよね。
でも手数料無料にしたら仲介業者は儲からないのでは?という疑問がわいてきます。
単純に手数料が半分になってしまうわけですからね。
ですが、損しないどころか、実は三者にとってウィンウィンな方法なんです。

買主=できるだけ安く買いたい
売主=できるだけ早く売りたい

買主の仲介手数料を無料にする事で仲介業者には以下のようなメリットがあります。

  • 買主に選んでもらいやすくなる
  • トータルの費用が下がるので購入してもらいやすくなる
  • 買主に喜んでもらえれば口コミで次の仲介につながる
  • 実績を積めば売主にも選んでもらえる(早く売ってくれるから他の物件もお宅にまかせるわ、という自社物件が増える)

費用を抑えたい買主のニーズを満たしつつ、他者との差別化できるので、理にかなった1つの方法だと思います。

100万円の節約

わが家は仲介手数料が無料だったことで、住宅購入費用を約100万円抑えられました。

31,800,000円×3%+6万円=1,014,000(実際はこれにプラス消費税)

100万円あれば

  • 手元の現金にゆとりができる
  • 頭金にして借り入れを減らせる
  • オプションが付けられる
  • 希望の区画に手が届く(新築分譲の場合など)

といったことが可能になります。
諸費用の中でこれだけの節約ができるものはないので、ぜひ検討してみてください。

まとめ

仲介手数料無料=

  • 買主の手数料を無料にすることで購入のハードルを下げている
  • 仲介業者にとっては他者との差別化になる
  • 購入のハードルが下がるので成約率が高まる
  • 売主、買主、業者みんな喜ぶ方法です

合わせて読みたい

https://www.floor-plan.net/entry/housingloan-fullloanwww.floor-plan.net

www.floor-plan.net