おうちブログ

2017年末に購入した飯田産業の建売の実録マイホームカスタマイズ!元内装職人の経験を生かして、「少しの手間」と「ちょっとのコツ」で節約しながら住みやすく。

【住宅ローン①】フラット35でフルローンにした理由

最終更新 2019年5月3日
※記事更新にともない、2記事に分割して再投稿しました。

こんにちは、floorplanです。
今回の記事ではわが家の住宅ローンについてまとめます。

はじめに

いろんな住宅ローンがありますが、わが家の住宅ローンは固定金利でおなじみのフラット35、しかも頭金なしのフルローンです。
当然借り入れも月々の返済額も多くなりますが、それでもフルローンを組んだ理由は手元に現金を残すためでした。

詳しく説明していきます。

f:id:floorplan:20190503163327j:plain

住宅ローンはフラット35

変動金利か固定金利か、住宅ローンを選ぶ際はかなり悩むところだと思いますが、わが家はフラット35一択。
夫がちょうど転職をしており、勤続1年未満だったのです。
一か八か、銀行の事前審査に申し込むこともできましたが、それはしませんでした。
事前審査を申し込んでしまうと、否認された時に信用情報が残ってしまうので、不動産屋さんのなじみの銀行数社の担当者に聞いてくれました。
結果、「通る可能性ほぼなし」とのことで潔くあきらめました。

金融機関選びのポイント

フラット35を扱っている金融機関の中からファミリーライフサービスを選びました。
楽天やARUHIなどのネット系金融機関も検討していましたが

  • 融資事務手数料が最安クラス
  • 対面なので手続きがスムーズ
  • 自宅まで来てくれる
  • 不動産屋さんのなじみの金融機関
  • 手持ちの口座から引き落としできる

などの理由から最終的にこちらに決めました。

ローンの契約にかかった諸費用ついてはこちらの記事でまとめています。

www.floor-plan.net

フルローンにしたわけ

マイホーム購入は2割くらい頭金を入れましょう、なんて話を聞きますが、わが家は頭金ゼロのフルローンを組みました。 その理由は現金を手元に残しておくためです。

どこかに頭金は多少なりとも入れるものだという固定概念がありました。
頭金をいくら入れようかと悩んでいた時、両親から下記のアドバイスをもらいました。

現金は出来るだけ手元に置いておきなさい

全額借りれるなら借りなさい

余裕ができたら後からいくらでも返せる

この考えに賛同して、あえて頭金を入れないという選択をしました。

頭金あり・ナシのシミュレーション

頭金ありとなしで月々の返済や手元の現金がどう変わるかをざっくりシミュレーションしてみます。
分かりやすいように下記の条件で考えてみます。

  • 物件本体価格: 3000万
  • 諸費用: 250万(現金)
  • 金利: 1%(固定・元利金等)
  • 借入期間: 35年
  • 手元の現金: 600万
  • ボーナス払い: ナシ

※手付金の現金払いは考えないものとします(実質あとで戻ってくるので)。
シミュレーションは住宅保証機構のサイトを利用しました。

頭金あり
  • 頭金: 300万(借り入れの1割)
  • 借入: 2700万
  • 35年金利支払い合計: 501万
  • 返済額: 76,217円/月
  • 手元の現金: 50万円
頭金ナシ
  • 頭金: ゼロ
  • 借入: 3000万
  • 35年金利支払い合計: 556万
  • 返済額: 84,685円/月
  • 手元の現金: 350万円
比較してみる
頭金 あり ナシ
頭金 300万 -
借入 2700万 3000万
支払金利 501万 556万
返済 7.6万 8.4万
手元の現金 50万 350万

頭金を300万入れると

  • 月々の返済が8000円下がる
  • 金利を55万多く払う
  • 手元の現金に余裕がなくなる

という結果になりました。
3000万の物件で頭金を1割入れるだけで手元の現金が600万→50万になってしまう可能性があるわけです。

  • 月○○円下げるために○○○万の頭金を入れる
  • その結果貯蓄が○○万になる

ここにみなさんのシミュレーションした結果を入れて、頭金を入れるかどうかとその金額について慎重に検討していただければと思います。

さいごに

超低金利時代の今、固定金利でもとても低い金利で何千万というお金を借りることができます。
こんなに低金利で長くお金を貸りれるのって住宅ローンのほかに何かあるんでしょうか。
目先の支払いを減らすために頭金を入れるよりも、手元の現金に余裕を持たせておいて、安い金利で長く借りるという考え方もあると思います。
後でまとまったお金が必要になった時に高い金利で借り入れては元も子もありませんからね。
貯蓄が十分にあるならば、頭金を入れることは賛成です。

わが家の場合はマイホームを購入したあとでも、手元の現金に少しゆとりがある状態なので、思い切って頭金ゼロを選択してよかったと思っています。

合わせて読みたい

www.floor-plan.net