おうちブログ

2017年末に購入した飯田産業の建売の実録マイホームカスタマイズ!元内装職人の経験を生かして、「少しの手間」と「ちょっとのコツ」で節約しながら住みやすく。

【後付け設備レポ①】パナソニックのビルトイン食洗機を後付けしてみた

こんにちは、floorplanです。
この記事では、建売のマイホームにビルトイン食洗機を後付けした時の様子をご紹介します。

わが家は共働き家庭。
家事の負担を減らすため、マイホームには食洗機が欲しかったのですか、残念ながら標準では付いていませんでした。
オプションでつけようにも値段が高くて断念。
引き渡し後に後付けすることにしました。

同じ境遇のかたの参考になれば幸いです。

その他の後付け設備はこちらの記事でまとめています。

www.floor-plan.net

f:id:floorplan:20190504214913p:plain

オプションをやめて約21万円節約

結果的に後付けしたことで、オプションで付けるよりも約21万円の節約になりました。
手間を惜しまずやらない理由がありません。 そのお金で家具が買えますよね。

もともとオプションは値段設定が高めの印象です。 適正価格で取り付けられて満足しています。

飯田産業のオプション食洗機

メーカー: リンナイかパナソニックから選択
機種: 選べない(そして浅型)
金額: 350,000円(税別)
※引き渡し後のオプション金額です。

高すぎて頼む気にはなれない値段です。 上棟前までにオプションの申し込みができればもっと安く付けられます。

リフォーム会社を探した

インターネットで探した下記の2社に無料見積もりを依頼しました。

  1. 東京シェルパック株式会社

  2. サンリフレ

結果2社ともあまり金額に差が無かったので、来てくれた方の印象で東京シェルパックさんに決めました。
若干高かったので、
「御社にお願いしたいのでもう少しがんばってもらえますか?」とお願いしたところ、快く値引きしてくださいました。
やはり見積もりは面倒でも最低2社はしてもらった方がいいですね。

取り付け機種

パナソニックのエコナビ搭載機種ディープタイプ(ドアパネル型) sumai.panasonic.jp

選んだ機種はこちらのM8シリーズのNP-45MD8Sです。
私が付けた時は旧機種の7Sでした。
かなりポピュラーな機種です。

エコナビが付いているので、どのくらいの食器が入っているのかを検知して勝手にエコ運転してくれるらしいので、少しの食器を洗う時でも心置きなく食洗機に任せられます。

ちなみに、ドアパネル型というのはキッチンの面材と同じパネルをカットして枠にはめるタイプです。
パネルをはめる前は白色で、気にしないならそのまま付けることも出来ますが、後付け感は満載です。

一方、ドア面材型はキッチンと同じ面材仕上げな上に枠がないので、キッチンとより一体感がでます。
この場合、キッチンメーカーで取り扱っている機種を選ぶ必要があります。
わが家は採用した機種のサイズに合うドア面材がなかったので、ドアパネル型になりました。

工事費用

工事費用は本体価格込みでは13万5000円でした。 オプションだと35万円ですので、約21万円の節約です。

ただし、わが家では下記の作業金額が入っていません。

  • パネルとパネル加工代
  • 電源工事費用

節約のため、キッチンメーカーからパネルを取り寄せて自分でサイズに加工しています。
これはお願いすればリフォーム会社さんがやってくれますが、別途費用がかかります。 また、設置場所や既存の水栓・排水の状況によっては追加の工程が必要になる場合があります。

ビフォーアフター

取り付け前。 f:id:floorplan:20190331221435j:plain

引き出しを外したところ。 f:id:floorplan:20190331221545j:plain

取り付け後。 f:id:floorplan:20190331221635j:plain

最初からついてたみたいな仕上がりで違和感なしです!

迷ったら深型にすべし

ディープタイプは深型でたくさん洗えますが、食洗機下の収納スペースがとれない又は狭くなります。
最初は収納を潰したくないし、費用も少し安くなるので浅型も検討していたんです。
結局深型にして、これが大正解。
迷ったら間違いなく深型にしておくことをおすすめします。

浅型だと大きなお鍋やザルなどが入りきらず、せっかく洗い物しないために食洗機入れたのに結局入らなかった食器を洗う羽目になります
f:id:floorplan:20190331221329j:plain あまりきれいじゃなくてすみませんが、深型だとこんな感じで鍋も逆さまにして入りますが、浅型だと鍋類が厳しいです。
正直深型でも全部入らないこともありますが、もし浅型にしてたら間違いなく毎回手洗いもしてました。

収納はたしかに減りますが、なかったらないでなんとかなっております。 家事楽のために食洗機を導入するかたは、悩んだら深型の食洗機を!

食洗機を入れるメリット

  • 高温のお湯で洗うので、まな板や包丁、止水蓋なども一緒に洗って煮沸消毒効果がある気がして嬉しい
  • 水切りカゴがいらない
  • 手が荒れない
  • 手洗いよりも節水(らしいです)
  • とにかく楽

ほぼ毎日お世話になっていて本当に助かっています。 私が頑張って洗うよりもキレイに洗って節水までしてくれてます。 ありがとう、エコナビ。

まとめ

  • 後付けしたらオプションで付けるより約21万円節約になった。
  • 最初から付いてるみたいに仕上がった。
  • 最低でも深型にしておかないともれなく手洗いも発生する。
  • とにかく楽。

合わせて読みたい

www.floor-plan.net

www.floor-plan.net

www.floor-plan.net

www.floor-plan.net