おうちブログ

2017年末に購入した飯田産業の建売の実録マイホームカスタマイズ!元内装職人の経験を生かして、「少しの手間」と「ちょっとのコツ」で節約しながら住みやすく。

カーテンレールを正面付けに取り付けたら思わぬ失敗をした | 家具との干渉を防ぐには?

最終更新 2019年6月15日
こんにちは、元内装職人のマド(@floorplan13)です。

今回は、カーテンレールを正面付けに取り付けたら、当たり前すぎる失敗をしたわが家の失敗談をご紹介します。

カーテンレールを正面付けにすると家具と干渉する

節約のためにカーテンレールを自分で取り付けたわけなんですが、すごく家具と干渉してしまいました。

カーテンレールは正面付けにすると壁よりも10センチくらい手前に出てきますよね。


窓の前に置いている家具がめっちゃぶつかる・・・


スマートじゃない上に、日々ちょっとしたプチストレスです。

せっかくマイホームに素敵なカーテンを取り付けるのだから、これから取り付ける方はぜひとも同じ失敗をしないよう、取り付け方をご検討ください!

f:id:floorplan:20190615112153p:plain
カーテンレールを正面付けにすると家具と干渉します

カーテンレールの取り付けかたは二種類

みなさん

カーテンレールの取り付け方はどうやって決めますか

建売だとカーテンレールは付いていないことがほとんどなので、どのようにつけたらいいか悩むところです。

基本的には

✔ 正面付け
✔ 天井付け

のどちらかになりますよね。


合わせて読みたい
マイホームのカーテンレールをどうしてもDIYしたい人に捧ぐ | 簡単に取り付けるための4つのコツ - おうちブログ


どちらにするのがいいんだろう?

ここ、よく考えていただきたいんです。失敗しないために。


わが家の建売は、壁に正面付けする想定で固定用の下地が入っていたので、あまり深く考えずにほとんどのカーテンレールを正面付けにしました。

そしてこれが、家具と干渉するという失敗を生みました。

f:id:floorplan:20190615112556p:plain

正面付けが家具と干渉するわが家の2つの実例

実際にわが家がカーテンレールを正面付けにして起きた家具との干渉の例を2つ見ていきます。

✔ 腰高窓の場合
✔ 掃き出し窓の場合

腰高窓に気を付けろ

まず最初の失敗は腰高窓。

f:id:floorplan:20190414155155j:plain

ここはリビング横の洋間です。

こんなタイプの腰高の窓はほとんどのお家に一つはあるんじゃないかと思います。


f:id:floorplan:20190414155201j:plain

カーテンがジャマ。

ものすごく当たり前のことなんですけど、住んでから後悔しました(笑)

この原因は、なにもないガランとした部屋を見ながら考えたからだと思うんです。

まさかこんなにもカーテンがジャマに感じるとは・・

腰高の窓ってけっこうな確率で窓の前に何か物を置くんですよ。

もしこだわりが特にないのであれば、腰高窓のカーテンレールは枠内に天井付けがおすすめです。


f:id:floorplan:20190602160239j:plain
枠内にカーテンレールを天付けすると手前にせり出さないのでスッキリ!


掃き出し窓にも気を付けろ

次に掃き出し窓の例。

腰高窓よりは、窓の前に家具を置くというのは少ない気がしますよね。

ですがわが家の寝室はこんな感じになってます。

f:id:floorplan:20190416083053j:plain





カーテンがジャマ!




すみません、取り乱しました。

赤ちゃんを壁側に寝かせるために窓側にベッドを寄せているんですね。

掃き出し窓だからといって、干渉しないとは限りませんでした。

やはりその部屋に家具をどのようにレイアウトするのかにかかっています。

失敗を防ぐためにやっておくとよいこと

これから家を建てるみなさんは、ぜひ下記の準備をしておくことをおすすめします。


これをしておこう!
✔ 窓枠内に下地を入れておく
✔ 窓の前に何を置くかシミュレーション
✔ 家具と窓が干渉しないか確認

これによりわが家と同じ失敗は回避できます!

わが家は窓枠の天井部分にカーテンレールの下地が入っていなくて、そのままでは天井付けにはできませんでした。

建売はこういう仕様が多いのかもしれません。


さきほどもお伝えしたのですが、特にこだわりがなければカーテンレールは天付けにして枠内に収めると、無用な干渉が起こらずに済むので本当におすすめします。

ブラインドやシェードの場合は、枠内の天井付けと相性が良くてかっこいいですしね!

おすすめ記事
メカ系カーテンの測り方 | ブラインドやシェードを自分でDIYするメリット! - おうちブログ

枠内に天井付けするデメリットは?

ここまでしきりに天井付けをおすすめしてきたわけですが、デメリットももちろんあります。


✔ 日差しが多少洩れる
✔ きっちり採寸しないといけない


すぐ思い浮かぶのはこの2点でしょうか。

正面付けの場合は左右に10〜15センチくらい、上下は15〜20センチくらいカーテンが窓枠よりも大きく被さります。

隙間から日が差し込むということはないです。

一方天付けの場合は、どんなにぴっちり付けられても左右の枠との間に若干の隙間ができます。

日差しが差し込まない窓や、遮光する必要がない部屋だと気にせず取り入れられますね。

あとは採寸を間違えると最悪取り付けられなくなるので注意です。


ご自身で採寸・オーダーする場合は慎重に!


まとめ

✔ カーテンレール正面付けは家具と高い確率で干渉する
✔ 腰高窓だけでなく掃き出し窓も注意!
✔ 天付けで枠内に収めておくとスッキリなのでおすすめ
✔ ブラインドやシェードとの相性も〇
✔ 窓枠内の下地を確認しよう
✔ 枠内の天付けは光が漏れやすいので遮光したい部屋には向かない

合わせて読みたい

www.floor-plan.net

www.floor-plan.net