マドのおうち

飯田産業の建売に住んでます。ズボラ主婦がちょっと工夫しながら理想のおうちをめざしてます。マイホーム購入時の備忘録と今のこといろいろ。

ディアパソンのアップライトピアノを中古で購入 | わが家の中古ピアノの探し方と費用

スポンサーリンク

こんにちは、実は密かに絶対音感を持っているマド(@floorplan13)です。

今回の記事では、縁あって購入したディアパソンアップライトピアノについて、調べたことをまとめました。

わが家の中古のピアノを探し方と購入費用も公開していますよ~!


この記事はこんな方におすすめ
✔ アップライトピアノの購入を考えている
✔ ヤマハやカワイの中古だと予算的に難しい
✔ ディアパソンというメーカーについて知りたい

念願のアップライトピアノを中古で購入しました

昨年、念願のアップライトピアノを購入したわが家。

ディアパソンというメーカーの中古です。

ちょっと聞きなじみのないディアパソンという名前。

実は知る人ぞ知る国産ピアノでした。

f:id:floorplan:20190615142328p:plain

ディアパソンってどんなピアノメーカー?

恥ずかしながら、高校のころまでピアノを習っていましたが、ディアパソンというメーカーは聞いたことがありませんでした。

縁があって今回購入することになったディアパソン、どんなメーカーなのかを調べてみました。

カワイの子会社から合併・解散

株式会社ディアパソン(DIAPASON)は、かつて存在した浜松市のピアノ関連会社である。
DIAPASONブランドのグランドピアノおよびアップライトピアノの卸販売を行っていた。
河合楽器製作所の子会社であったが、2017年6月1日に河合楽器製作所と合併して解散した。
ディアパソンピアノは2018年現在、カワイの一ブランドとして販売されている。
引用:Wikipedia


カワイの子会社だったんですね。

そして2017年に合併して現在は解散しているとのことでした。

現在もカワイからディアパソンのピアノが販売されています。

f:id:floorplan:20190615170454j:plain
出典
https://www.kawai.jp/product/c/uprightpianos/diapasonup/


さすがに新品はお値段がとっても素敵価格!

大橋幡岩が完成させたディアパソン

1947年 - 大橋幡岩が曳馬木工所を設立し、ディアパソンピアノの試作品を製作。
1948年 - 大橋幡岩が浜松楽器製作所の技術部長に就任。ディアパソン第1号が完成。
1949年 - 浜松楽器製作所と曳馬木工所が合併し、浜松楽器工業株式会社が設立。
1958年 - 浜松楽器工業 (株) が河合楽器製作所の子会社となる。
1986年 - 株式会社ディアパソン設立。
2017年 - 河合楽器製作所と合併し解散。
引用:Wikipedia

ディアパソンは大橋幡岩というかたが試作品を製作・第一号を完成させたピアノ。

この方はのちの大橋ピアノ研究所(OHASHI)を立ち上げていらっしゃいます。


わが家がピアノを購入したときに調律をしてくださった方も、大橋さんのお話をされていました。

ピアノ界隈では非常に有名な方だそうで、国産ピアノの祖ともいうべきお方なのだそう。

ディアパソンは特にグランドピアノが有名

知る人ぞ知る、ということで、私のような趣味でピアノを弾いていた人にとってはあまりなじみのないディアパソン。

音楽関係者の間では高い評価を得ており、中でもグランドピアノに定評があるそうです。

www.shimamura.co.jp

わが家が購入したのはアップライトピアノですが、グランドピアノの評価に裏付けされた技術が結集されていると思うと、感慨深いものがあります。


f:id:floorplan:20190413224737j:plain

ディアパソンの中古アップライト購入費用とわが家の予算

わが家の予算は運送費込みで15万円くらい。出せても20万円でした。

かなりの低予算です。すみません・・・

それに対して、購入したピアノのお値段は運送費込みで18万円(税抜)でした。

何とか予算内!ほっ・・・


中古とはいえ、かなり安いほうだと思います。

年代ものでしたが、業者さんにも太鼓判をもらったかなり状態のいいピアノでした。

この値段でこのクオリティーは、ヤマハやカワイでは実現できなかったですね。

すばらしい出会いに感謝!


f:id:floorplan:20190608014025j:plain

わが家の中古ピアノの探し方

中古ピアノを探すにあたり、わが家は知り合いのピアノの先生に業者さんを紹介してもらいました。

中古のピアノはいつどんなピアノが入ってくるか分からないので、タイミングと出会いです。

しかも我が家の場合はこの低予算。

この予算で質のよいものと出会うには、自力では不可能と判断。


業者さんにお願いをしてから、購入したピアノと出会うのに1年かかりました。

すぐに購入したい方にはおすすめできませんが、ある程度のクオリティーと予算の両方を実現したいなら、中古の場合は時間をかけないとなかなか出会えません。

業者さんにお願いしておければ、条件の合うピアノが入ってきたときに紹介してもらえるので出会いのチャンスが広がります。

初心者で自分では善し悪しが分からない場合でも、調律師さんのお墨付きがあれば安心。

紹介であればあまり変な売り方もできないでしょうし、基本的によくしていただけるので、ネットやお店でさがすよりも良心的なお値段で購入できると思いますよ。

まとめ

✔ ディアパソンは国産ピアノの祖、大橋幡岩が完成させたピアノ
✔ グランドピアノに定評がある
✔ カワイの子会社で現在は合併・解散している
✔ 音楽関係者の間では評価の高いピアノ
✔ わが家は18万円で中古のアップライトを購入できた
✔ 紹介なので良心的なお値段にしてもらえた
✔ 中古のピアノはとにかく出会いとタイミング
✔ 質と予算を両方叶えるなら時間がかかる

合わせて読みたい

www.floor-plan.net