マドのおうち

飯田産業の建売に住んでます。ズボラ主婦がちょっと工夫しながら理想のおうちをめざしてます。マイホーム購入時の備忘録と今のこといろいろ。

【ピアノの設置】建売だけど床の補強は必要?設置するときのポイント

スポンサーリンク

こんにちは、マドです。

今回の記事は、建売にアップライトは補強なしでも置けるよ!というお話です。

わが家が実際にピアノを購入・設置するにあたり、色々調べてわかった、床の補強が不要なわけ、設置する際の注意点をまとめました。


この記事はこんな方におすすめ
✔️ マイホームにアップライトピアノをおきたい
✔️ 建売だから床の補強がなくて心配
✔️ ピアノを設置するときの注意点を知りたい

念願のアップライトピアノを購入しました

2018年の10月に、念願のアップライトピアノを中古で購入しました。

賃貸だと騒音問題で置けないので、一戸建てのマイホームを購入したら叶えたかったことの1つでした。

だけど建売なので床の補強はされていません。

大丈夫なのか?そのまま置いちゃっていいのか?

ピアノの先生の知り合いが「大丈夫だよ〜」と教えてくれました。

でも、補強はしたほうがいいという話も聞くし…

f:id:floorplan:20190608004831p:plain
建売にアップライトを置くのに補強は必要なのか問題。

床の補強はしてなくてもアップライトピアノは置けます

結論を言うと、床の補強はしていなくてもアップライトピアノをそのまま置いても問題ありません。

床が抜けるなんてことはないのでご心配なく。

家庭用のアップライトであれば250キロほどあり、それを4本の足で支えます。

鍵盤側がやや軽く、1番荷重のかかる足でも一足につき約80キロ程度なので問題ないのだそうです。

80キロの大人が立ってて床が抜けることなんてありませんからね。


ですが長い目で見ると、同じ場所に重量物が長いこと置かれると、床のきしみなどの原因になる場合があるので、注文住宅であれば補強はしておいた方が良いというのは間違いないです。

あくまで、置けるか置けないかで言えば「置ける」ということです。

我が家のように建売で補強はしてない場合は、重さを4点で受けるよりも、面で受けて分散させると安心です。

こういった補強板が販売されているので、やっぱり心配という方は一枚かませておくといいですね。

わがやはこの補強板は置いてませんが、 部屋全面にカーペットを敷いているので、若干の分散&吸音に貢献しているかな?と思います。

f:id:floorplan:20190413224607j:plain

大丈夫、建売でもピアノ置けます!

アップライトピアノを設置するときの注意点

今回アップライトピアノを購入・搬入・設置と経験してみて、知らなかった注意点がありました。

これからアップライトピアノを購入する方はご注意を!

  1. 搬入経路を確認
  2. できれば部屋の内壁側に置く
  3. できるだけピアノの右側を空ける

搬入経路を確認

ピアノをおきたい場所までの搬入経路をよく確認しておかれると良いと思います。

つまり、設置場所までピアノが通れるかどうか、と言うことですね。

置きたいところが曲がり角の先の場合、通れるのか?

二階の場合はクレーンで吊りますので、搬入可能な掃き出し窓があるか?

場合によっては置きたいところに置けない場合もあるかもしれません。

搬入か大変だと費用も高くなるので、設置場所までの搬入経路はしっかりとシミュレーションを!

できれば部屋の内壁側に置く

アップライトピアノは背面側がより大きく音が鳴るため、外壁側よりも内壁側に設置した方が、防音効果が高いとのこと。

でも置きたくても外壁側しか置けない場合もありますよね。わが家もそうです。

その場合は壁から少し離して置くだけでも違うそうですので、ビッタリ壁に付けないで少し空間を挟むと良いのだそう。

あとはインシュレーターという、ピアノの足にかませるものを防音効果の高いゴム製にしたり、我が家のようにカーペットの上に置くのも良いと思います。

できるだけピアノの右側を空ける

アップライトピアノを購入したら定期的に調律をすると思いますが、その際にピアノの左右、できれば右側にスペースがあるのが理想なのだそうです。

f:id:floorplan:20190608014025j:plain
調律師はピアノの右側にスペースがあるとやりやすい

我が家も左寄せで右側にスペースを取っています。

設置する場合はできたらこれも考慮に入れて考えられると良いのかなと思います。

まとめ

✔️ 床の補強はなくてもアップライトピアノは置ける
✔️ けどしておくに越したことはない
✔️ インシュレーターや専用の敷パットで荷重を分散も◎
✔️ 搬入経路はよく確認を
✔️ 内壁側に置くと防音対策になる
✔️ それが無理でも壁から少し離すだけでも効果あり
✔️ アップライトピアノの右側は空けておくと調律しやすい